人気ブログランキング |


インテリア、デザイン、オーガニック、ソーシャルのPR活動を通じ様々なネタを発信 http://www.a-ms2.com/


by Casokdoblog

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

日常で行うソーシャルなコト
at 2013-04-18 10:13
ヒカリエに店をだす!?
at 2013-04-04 09:53
復興デザインマルシェ
at 2013-03-16 20:04
自ら発信すること
at 2013-03-07 09:18
VCがやってくる!?
at 2013-02-20 21:50

カテゴリ

全体
1.連絡先、問い合わせ
2-1.プロフィール
2-2.プロフィール ショート
3-1.実績(PRのお仕事)
3-2.実績(セミナー講師、執筆)
4.インテリア、デザインPRの仕事
5.人
6.言葉
7.行動
8.モノ作り
9.デザイン商品
10.オーガニック商品
11.ソーシャル
12.ショップ紹介
13.個人的な事
14.おすすめの場所
15.独り言
16.イベント紹介
17.カソクドの事
18.webショップ
未分類

タグ

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月

検索

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

d-Bodhi
from 井岡奈津子のENJOY! B..

ブログパーツ

http://www.a-ms2.com/

http://www.a-ms2.com/

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2011年 06月 01日 ( 1 )

カイ・ボイスン生誕125周年記念、復刻モデルが日本初上陸

d0221774_21133456.jpg

カイ・ボイスン生誕125周年記念、復刻モデルが日本初上陸
Wooden figuresシリーズの動物達が3種類追加
親子にわたり愛され続ける木の温もりを

 北欧のインテリア用品の輸入・販売を展開するアライアンス・ノルディカ(本社:目黒区鷹
番、代表:斉藤 博紀)は、日本でも人気のある、KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)がデザイン
した木のフィギュアシリーズを新たに3種類発売いたします。既に日本でも人気のある猿のシリー
ズに加え、カイ・ボイスン生誕125周年記念として、今回は、「イヌ」「ウサギ」「カバ」の
仲間達が復刻し、復刻モデルとしては日本で初めて販売いたします。
デンマークで長い間愛され続け、親子にわたり楽しみ続けた伝統あるWooden figuressシリーズが
いよいよ日本で6月発売予定です。
d0221774_2123196.jpg
d0221774_2122447.jpg


『Kay Bojesen Denmark』
いままで、ROSENDAHL Copenhagen(ローゼンダール コペンハーゲン)の1商品のラインナップ
として発売していましたが、本年度より「1つのブランド」として展開されます。そしてカイ・ボ
イスンの生誕125周年を記念して、既存の動物に加えて、3匹の動物が新たに発表となります。

商品ラインナップ

Dog, walnut 17,850円(税込)
Range: Kay Bojesen
Item id: 39201
Height: 10 cm Width: 19.5 cm
Depth: 6.5 cm
d0221774_21233423.jpg

Rabbit, oak 16,800円(税込)
Range: Kay Bojesen
Item id: 39203
Height: 8 cm Width: 17 cm
Depth: 6.5 cm
d0221774_21235596.jpg

Hippo, oak 17,850円(税込)
Range: Kay Bojesen
Item id: 39202
Height: 9 cm Width: 21.3 cm
Depth: 5.2 cm
ペンホルダーになります
d0221774_21241580.jpg


カイ・ボイセン (1886-1958)
カイ・ボイセンは、生まれながらの銀細工職人で有名なジョージ・ジェンセンで訓練を受けました。
この時代の風潮とは反対にカイ・ボイセンは、自分の製品を飾りたてる必要性は、ありませんでした。最高のクラフトマンシップ(職人技)を評価するには、どうしたらよいかを理解し、純粋なデザインの中のプロファイルや緊張性を愛し、そのデザインに不滅の外観を与えました。
カイ・ボイセンの作品には、最高の栄誉が授与され、世界中の展示会に出展され、 1952年にカイ・ボイセンは、デンマーク国王ご用達の銀細工職人として任命されました。 カイ・ボイセンの銀製品は、コペンハーゲンの非常に腕の立つ銀細工職人によって、細心の配慮の元、いまだに手作りされており、現代でも品質に対してのこだわりに、焦点があてられています。
d0221774_21254999.jpg


『Kay Bojesen』について
カイ・ボイスンはGeorg Jensen (ジョージ・ジェンセン) で修行を積んだ後、1910年に銀細工師として独立しました。そして仲間とともに、優れたデンマークデザインのものを取り扱うセレクトショップ「Den Parmanente」を創り、ここでの活動を通して「機能性主義」のあり方をデンマーク工芸に対して強く影響と与えて来ました。
1930年代に入ると木の魅力に目覚め、そして木製のどうぶつ達を創るということは、「1つの製品は、丸みがあり、柔らかくそして手に持ったときには心地よさがなくてはならない」という
カイ・ボイスンが大事にしていた信条にとても合っていました。その信条の中には「動物のデザインの中の"線" (ライン) は、"笑み" (smile)にならなければならない」そして「木製の動物は、本物の自然の動物の完全なコピーであってはならない」というのもカイ・ボイスンが大事にしていた信条の1つでした。
これらの思いをもとにカイ・ボイスンは、私たちの子供心にうったえかけてくるような、そして多くの人々に愛され、大事にされる木製の人形をたくさん作り、世界中の多くの人々を和ませてきました。

カイ・ボイスンの暖かみをぜひ探求してみてください。
d0221774_21262999.jpg

by casokdoblog | 2011-06-01 21:09 | 9.デザイン商品