インテリア、デザイン、オーガニック、ソーシャルのPR活動を通じ様々なネタを発信 http://www.a-ms2.com/


by Casokdoblog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

日常で行うソーシャルなコト
at 2013-04-18 10:13
ヒカリエに店をだす!?
at 2013-04-04 09:53
復興デザインマルシェ
at 2013-03-16 20:04
自ら発信すること
at 2013-03-07 09:18
VCがやってくる!?
at 2013-02-20 21:50

カテゴリ

全体
1.連絡先、問い合わせ
2-1.プロフィール
2-2.プロフィール ショート
3-1.実績(PRのお仕事)
3-2.実績(セミナー講師、執筆)
4.インテリア、デザインPRの仕事
5.人
6.言葉
7.行動
8.モノ作り
9.デザイン商品
10.オーガニック商品
11.ソーシャル
12.ショップ紹介
13.個人的な事
14.おすすめの場所
15.独り言
16.イベント紹介
17.カソクドの事
18.webショップ
未分類

タグ

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月

検索

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

d-Bodhi
from 井岡奈津子のENJOY! B..

ブログパーツ

http://www.a-ms2.com/

http://www.a-ms2.com/

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ソーシャル ( 17 ) タグの人気記事

日常で行うソーシャルなコト

先日、渋谷のヒカリエで開催した「ソーシャル書店」のイベントも皆様のお陰で無事終わる事が出来ました。来店してくださった方々、ほんとにありがとうございます!おかげさまでソーシャルや、エシカル、オーガニックな商品を色々な方に届ける事ができました。

http://www.facebook.com/arigatogiving

実際自分もお店にたって販売していると、「ソーシャル」のキーワードに感心深い人が多いです。若い人も既にNPOやNGOで活動している方も多く、何かしら社会に対して問題点を持ちながらそれを行動で解決していこうという方が多いと感じました。また、50〜60代、70代以上の方々も書籍を探しに来た方もいると思いますが、ついでに雑貨も見られ購入していかれる方もいたりと幅広い方に感心のある出来事だと思います。

それほど肩肘張らずに面白うそうだからと感覚がほとんどでしょうけど、「ソーシャル」は世代問わず感心ある面白いジャンルだと思います。

ただ、実際感心はあるが行動していない、どうやって行動すればいいか分からないというのも事実。
震災後は寄付もした方は多いでしょう。ただ、それを継続的にしている方はまだまだ多くないでしょうし、実際、どこに支援をしたらよいか分からないという方が大多数だと思います。まあ、実際寄付がいいのかもよくわからないですし、それ以外の社会活動ももちろんあるのですが、でも、これだけ文化的な社会の日本ですが、まだまだ消費をするための強迫観念、ブランドとして主張し消費の差別化をする単一価値観の空気が漂っています。
ショッピングバッグ一つをとっても、お店のショッピングバッグを持っている事が嬉しかったりして、お店のショッピングバッグを持って帰る事が誇らしかったりしますが(ブランド側もブランディングの一つでまだまだ押し進めるでしょうし)、スーパーのレジ袋同様有料化や排除が進んだほうがいい気がします。逆に持っていると痛い!?という風になる日も来るのでしょう。というかブランド側はショッピングバッグを排除する事をブランディングとして利用する気がします。

少し話しはそれましたが、「ソーシャル活動」に興味はあるけどどうしたらいいか分からない事は多いですが、身の回りにも簡単に出来る事は多々あります。今回販売もしたコミュニケーションチャームという商品があります。
http://www.nextide.net/collabo.html
これは、妊婦マークの逆で、困っている方をお手伝いしますよ!という意思表示をするカード。カードには、簡単なアイコンが書かれていて、単純な会話をサポートする物にもなっています。
こういう物を持つ事から始めるのでもいいですし、国際協力につながるフェアトレード商品を母の日に買ってみるなど、日常の中で簡単にできる動きもあるのでまずはそこからはじめても。

もちろんARIGATO GIVINGでの買い物でもいいですね(笑)

単なる消費をするだけでなく、少しでも誰かのためになる消費を考える世のなれば少しは世界の透明度がますのかな。

Facebook、twitterもやってます。
http://www.facebook.com/arigatogiving

https://twitter.com/ARIGATOGIVING
[PR]
by Casokdoblog | 2013-04-18 10:13 | 11.ソーシャル

福祉@新潟!

障がい者就労支援ネットワーク「C-netsにいがた」の方にお声をかけていただき、セミナーに参加しました。実は話す方で。

セルザチャレンジという授産施設のサポートを行う団体の活動の一環としていって来た事もあり、障がいのある方の就労を支援する福祉の現場で働く方々へ向けたセミナーです。
とある業界紙にも書きましたが、福祉の業界は授産施設などで働く障がいの方々の賃金はとてつもなく低く、その賃金を上げるために施設の職員の方々は様々な試作を考え日々活動しているのです。
ただ、まだまだ福祉の世界は一般企業と交わる事もすくなく、ましてや、購入する生活者の方々も授産施設で作ったものに触れる機会は少ないと思います。
その現状をふまえ、我々のような業界で働く人間がマーケティングや普段の流通の事などを話し、今後の活動に役立てていただくという流れです。

通常の企業もこのご時世売上げを上げていくのは大変ですが、福祉の世界でそれを目指すのは更なる高いハードルをクリアにしていかなければならないと思いますが、関係者のみなさんをはじめお越し頂いた方々はみなさん、前向きで明るく行動力のある方々でしたので今後の活動が楽しみです。

新潟の福祉の業界、今後の動きが楽しみな場所です。
[PR]
by casokdoblog | 2011-12-19 23:02 | 11.ソーシャル

ネパール、バングラデシュの生産者来日!


12/11日 本日、現在自分も関わっているネパールとバングラデシュの取り残された女性達と石けんをつくるプロジェクトの現地の生産者の方々が来日して講演会を行いました!
会場は、SHIBAURA HOUSEという田町にある素敵な場所で開催され、天気もよく生産者の方々も楽しく過ごせたのではないでしょうか?

実際、なかなか南アジアの生産者の方々とあう機会というのはなかなかある事ではないので、来場していただいた方々はいろいろな話が聞けたと思います。
またフェアトレードという言葉もだいぶ普及はしてきましたが、それを実際どうやっているかなども話があり理解が深まるいい機会だったと思います。

実際自分も現地に行き生産の方々と過ごしましたが、決して現地でも恵まれた状況にはない方々(なので取り残された人々といいます)ですが、一緒に石けん作りをおこない、日本で発売するようになり、ついには日本に来て実際に日本の方々と会う機会が作れた事は、我々にとっても活動が実になった瞬間でもあり、今日のイベントが成功してよかったです。

石けんのプロジェクトはまだまだこれからが本番ですが、フェアトレードや国際協力に興味をお持ちの方はぜひこちらのページを見てください。

d0221774_2314913.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-12-11 22:37 | 11.ソーシャル

無農薬・自然農の大和茶を余すことなく配合。 オーガニックを超えた新ジャンルの日本初・日本発ブランド

「天然成分100%」で実現した、化粧水・乳液・美容液のオールインワンセラム
美しい肌づくりへの目的別に機能をプラスできるオイルエッセンス
を展開
d0221774_21435653.jpg

美容とナチュラルライフに関心の高い20代~30代女性をターゲットにしたワイルドクラフトコスメブランド「QUON(クオン)」を9月6日(予定)に発売します。ワイルドクラフトとは、農薬や肥料を一切与えない無農薬・自然農の自然栽培方法です。人の手を加えず自然環境下で育つため、純粋で有効な大地の恵みをたっぷり含んでおり、ワイルドクラフトと認定されることはオーガニックと認定されることよりも意義があると言われています。この度発売されるQUON(クオン)は、株式会社クレコスが20年におよぶ国産オーガニック開発の経験と実績をもとに、海外輸入に頼った自然原料ではなく、「原料の国産比率」を極限まで高めた、日本初のワイルドクラフトコスメブランドです。

シリーズの第一弾として発売されるのは、化粧水・乳液・美容液がひとつになったオールインワンセラム「ビューティーアクチュアライザー(50mL)」です。国産の自然原料を中心にした「天然原料100%」を使用し、「効果が高く」「安心・安全で」「使用感のよい」本格的なオーガニックコスメで毎日手軽に使いたいというニーズに応えた製品となっています。

● オーガニックを超える無農薬・自然農で育った「ワイルドクラフトコスメ」という新ジャンルを国産で展開。
● 植物本来の力を持つワイルドクラフト原料の「大和茶」をはじめとした国産の自然原料を、日本人の美しいお肌づくりに最適なブレンドで処方。
● 20年にわたるオーガニック化粧品開発技術から、製品は「天然原料100%」「化学成分完全フリー」を実現。また、信頼できる原料の証しとして、「国産原料」「ワイルドクラフト原料」 「オーガニック原料」を全成分に表示。
● ナチュラルとサイエンスの融合を図り、サブクリティカルウォーター(亜臨界水)抽出法などの最新テクノロジーを駆使して、天然の植物のパワーを最大限に製品に反映。
● 石油由来・動物由来原料、合成香料・着色料・保存料、環境ホルモンの疑いのある成分は一切不使用。動物実験は行いません。
● メイン製品のセラムはオールインワンによる手軽さと、日常使いできるリーズナブルな価格の手頃さで女性の毎日を応援。

d0221774_2144183.jpg

化粧水・乳液・美容液のオールインワンセラムを「天然原料100%」で実現。
ワイルドクラフトの植物の力が肌が持つ内なる美の力をトータルに引き出す「ビューティーアクチュアライザー」

「QUON ビューティーアクチュアライザー」は、化粧水・乳液・美容液がひとつになったオールインワンセラムです。
無農薬・自然農で栽培されたワイルドクラフトの大和茶の茶花・茶実・茶葉の恵みをあますことなく配合しています。

●茶花水やブドウ葉水が「化粧水」としてのみずみずしい潤い感を与えます。
●茶実オイルやアロエベラのジェルが「乳液」としてのなめらかに浸透する保湿力を与えます。
●茶葉エキスやダイズエキスなどの天然植物エキスが「美容液」としての透明感や内側からふくらむ肌感を与えます。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-20 21:33 | 10.オーガニック商品

陸前高田の福祉施設の手作り梅干し 「陸前高田 冰上 福幸梅 2011」

幸福を届ける事により復興する
被災を逃れた陸前高田の福祉施設の手作り梅干し
「陸前高田 冰上 福幸梅 2011」が発売されます


 平安時代からの霊峰冰上神社で祈祷を受けた幸福の無添加梅干し、そして陸前高田市の
復興の思いも込めて。今年も、そして来年も、そして何十年もこの地の梅干しが愛され、
この地に仕事が生まれ、希望が生まれていきますように。


チャレンジドパーソン(障がいを持つ人)の手による授産品を売るチャレンジトレードを推進する
団体である 「一般社団法人 セルザチャレンジ」は、岩手県陸前高田にある障がい者就労施設の手
作りの無添加梅干しを、首都圏のフード専門ショップや通販などで販売をこの夏に開始し、被災
地の復興支援と障がい者の働く環境のサポートを開始いたします。

陸前高田 冰上  福幸梅 りくぜんたかた ひかみ ふっこううめ」
平安初期からの霊峰冰上山禄で採れる梅を昔ながらに無添加で漬け、冰上神社の祈祷を受けた幸運の梅干し。
試験や試合、運動会、プレゼンなどのここぞという時に。毎日の食卓に。
被災を逃れた陸前高田市のハンディキャップを持ちながら働く意志のあるメンバーが、山間部の高齢化した農家より梅をもら受けて丁寧に漬け、お返しをした残りを販売しています。合成着色料・保存料・香料無添加。

生産者:社会福祉法人愛育会ひかみの園 指定就労継続支援B型事業所「きらり」
販売者:一般社団法人セルザチャレンジ
100グラム 梅干し10~15個入り 525円(税込)
発売日  2011年7月末日予定

発売日や販売場所など詳細は、フェイスブックの「セルザチャレンジファンページ」をご覧いただけましたら幸いです。
http://www.facebook.com/sellthechallenge
d0221774_2274869.jpg


「障がい者就労支援施設きらり」がつくる梅干し「福幸梅」とは
陸前高田の里の家々には梅の木があって、それぞれの家でその梅の実を漬けてきました。しかし、高
齢化が進み各家庭で漬けることは少なくなったのです。理由の一つとして、梅の実を取るのが実は大
変な作業です。はしごで高いところの梅をもぐのは高齢者には難しく危険な作業だからです。
そこで、そういった放置梅を「障がい者就労支援施設きらり」の職員と障害を持つメンバーが取りに行
き、持ち帰って、施設で丁寧に漬けて、一部を梅干しでお返しする。その残りを、陸前高田の街で
売っていました。
ところが…。ご存知のとおり、今回の震災・津波で街はすべてなくなってしまいました。丹誠込めて
漬けた梅干しの売る場所がなくなってしまったのです。
岩手・陸前高田市あたりは平安の昔から気仙郡といわれた場所。「障がい者就労支援施設きらり」は冰
上山のふもとにあります。冰上山は875mの北上山地の連峰で、平安時代から霊峰として地域住民の
信仰の対象とされてきました。中腹には平泉中尊寺金色堂の金を産出した、金山跡があるパワース
ポットです。そしてその山麓に鎮座するのが冰上神社。
冰上神社には三社が祭られ、律令時代の『延喜式神名帳』にもその名を記されている由緒ある神社で
す。名称は冰上、氷上とも書く場合があり、その由来については「冰上神社由緒」には、以下のように
記述されています。
古記で知る。冰上山は御山と稱へ山名を稱へず。
気仙郡に官を置くに當り始めて気仙山と名づく。
後冰上山と改む。
暁光七彩の雲間より旭日昇天を拝しての尊稱か、
郷民の太陽信仰の名稱か。
又往古より山頂野火多く三社附近で自然に消滅す。
火伏の神徳を垂れ給ふものとして
日神 火の神 音相通ずるものとして冰上と呼稱せらる
今回の梅干しは、その冰上山禄で育てられ、心をこめて丁寧に無添加で作られ、さらに冰上神社
の神主さんがお祓いをしてくれる幸運の梅干しです。
d0221774_2291523.jpg


「福幸梅」のストーリー
梅干しづくりを指導する、施設職員の菅野さん(女性50代)によれば、「ウメッコ」は各家から無償で頂き、無農薬の紫蘇を施設で育てています。昔ながらの丁寧な、無添加の梅干しづくりにこだわった、おばあちゃんの味です。岩手医科大学の入院患者のために提供もしていました。
この施設に30年勤務する施設所長の伊藤勇一さんによると、この愛育会という社会福祉法人のルーツは、昔は気仙エリアの障がい者は、内陸の養護学校に汽車で通っていましたが、昭和52年に当時の障がい児の親の働きかけにより、市長・町長がこのエリアに入所施設を作ったのが知的障がい者の入所施設「ひかみの園」に始まります。陸前高田市は、ワカメの養殖は国内トップクラスで、ホタテ・カキの養殖や漁業、農業、観光業がメインの地域です。
しかし昔は3万5千人いた人口は2万5千人に過疎化。若者が減り、企業や仕事は少なく、仕事は医療・福祉・官庁に絞られるのが現状です。仕事のない地域で、福祉作業所の仕事づくりも課題になっています。通常は、カキの養殖の部材づくり、医療機器メーカーの人工透析用製品の分解廃棄、流されてしまった地元の八木沢醤油の大豆の栽培、梅干しの生産、シイタケの生産などを行ってきましたが、なかなか大きな収入にはなりえていません。
今回は、地元で売れなくなったこともあり、東京などの都市商圏での販売を考えております。
この地域にしかないような個性を活かした製品づくりを考え、そこで着目したのが冰上山と冰上神社です。
また梅は難逃れということを聞いており、ラッキーなものというイメージで「福幸」というネーミングを考え、冰上山禄でとれた梅を丁寧につけ、冰上神社で祈祷をいただいたラッキーな梅干し、「陸前高田 冰上 福幸梅」という製品が出来上がりました。
d0221774_2295845.jpg

d0221774_22102557.jpg

「作業所きらり」とは
社会福祉法人愛育会は、昭和52年に気仙エリアの障がい児の親たちの働きかけにより市長・町長
により開設されました。翌年知的障がい者の入所施設「ひかみの園」が竣工。
「きらり」は平成19年に開所した指定就労継続支援B型事業所。知的にハンディキャップを持つ
26名が、所長伊藤勇一さんをはじめとした職員8名とともに、カキの養殖の部材づくり、農作
業、受託軽作業、地元の八木沢醤油の大豆の栽培、シイタケの生産、無添加梅干しの生産などを
行ってきました。
施設は18歳から60代までの幅広い年代の利用者がいます。
就労継続支援B型事業所
作業所 きらり
所長 伊藤勇一
〒029-2205
岩手県陸前高田市高田町字大隅1-1
d0221774_22104040.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-07-18 22:03

セル・ザ・チャレンジ

今晩は、手島さんが主催する「セル・ザ・チャレンジの会合がありましたので参加。
たくさんの方に出席していただき少しずつ輪が広がっていってます。
(みなさん、遅刻してすいません)

参加している方はみなさん意識が高く行動力がある人たちばかりで、しかもその道のプロの方も多いので、会議もおのずと前向きで活発な内容に。
会議が終わった後、メンバーの中には、充実した会議がに久々に参加できた!とか、会社の会議の参考になる!といって形で会合を開いたことによる副産物も生まれていました。

まだ、自分の会社は組織として活動していないのですが、今後、組織として動く際のヒントが多く詰まっていると重い、いろいろ吸収もしていきたいと思います。

いろいろプロジェクトが進んでいるので早く広報していきます。
[PR]
by casokdoblog | 2011-06-10 22:55 | 11.ソーシャル

障害者アートをモチーフに倉敷帆布を使用したオリジナルバッグ

ソシアル・オーガニックブランドの「インフィニストリア」より ”障害者アート”をモチーフに”倉敷帆布”を使用したオリジナルバッグを 発売。縫製はハンディーキャップのある方にお手伝い頂いた商品です。

バッグのイラストには数ある”障害者アート”の 中から2名の作品を選び、素材には日本の伝統的な匠の技によって生まれる倉敷帆布を用いました。また、ハンディーキャップのある方が活躍している工場で縫製を行い、細部に至るまで心のこもったバッグが出来上 がりました。 インフィニストリアオリジナルバッグは、セルザチャレンジを通し、ハンディーキャップのある方の手による 製品を事業活動に採用する「チャレンジトレード」を推進する他、製品の売上の一部をセルザチャレンジの 活動資金として寄付する事により、事業を通した社会的活動の実現を行い続けます。

<採用作家紹介>

作品名:しろくま
作者:祐谷敦志
・ 1990年生まれ。兵庫県在住。 ・ 2003年、第2回キラキラっとアートコンクールで優秀賞を受賞後、アートビリティ審 査会を経て登録作家となる。小学生当時から現在に至るまで、「アトリエ が・らんふ」 で川原里依子氏の指導のもと、のびのびと自分の表現を楽しみながら絵を描き続けている ユーモアあふれる作品は、カレンダーなどさまざまなメディアに採用され、好評を得てい る。)
d0221774_13213117.jpg


作品名:ブルースマン 作者:平山こうた
・ 1954年、熊本県生まれ。東京都在住。 ・ 1984年、セツモード学園卒業。以後イラストレーターとして、東京ジャーナル、ル・クー ル、Mrハイファッション、など様々な雑誌やメディアで活躍。1995年、42歳のときに脊髄損 傷となる。入院中もリハビリをかねて絵を描き続け、自分の描きやすい画材、用紙を模索す る。ダンボールに顔彩で描くという独特のスタイルは、このときに発見し、確立させた。 ・ 1981年、福岡イラストレーション大賞展入賞。 ・ 1998年、カナダビエンナーレ美術展入賞。 ・ 2000年、東京都障害者美術展入賞。 ・ 1999年、第11回アートビリティ・アサヒビール奨励賞受賞。 ・ 2006年、第18回アートビリティ大賞受賞。
d0221774_13214595.jpg


d0221774_13224586.jpg

d0221774_1323883.jpg

サイズは、2種類。
W41xH24xD14cm ¥4,500(¥4,725税込)
W49xH31xD16.5cm ¥5,900(¥6,195税込)
カラーも「ベージュ」と「カーキ」に2色あります。

d0221774_13245988.jpg
帆布とは撚り合わせた綿糸を規定の重さ以上で平織りに織った生地で、 英語ではCANVASと呼ばれ、油絵のキャンバス生地はその代表格です。 日本では室町時代に綿花が外国から持ち込まれて以来、最初に織田信長の船の帆に 使用されたのが帆布の発祥と言われています。化学繊維とは違い天然素材だけで作 られている為、使い続けるほどに味わいがうまれ、耐久性・通気性にも優れていま す。
倉敷帆布の特徴は世界的にも希少となった60台のシャトル織機によって今でも 日々織り上げられている事です。シャトル織機はビンテージデニムを織ることが出 来ることでも最近知られ、高速化された今の織機では得られない独特な暖かみあ る自然な風合いを織り上げます。又、倉敷帆布は伝統的は撚糸の方法と独自の縦糸 と横糸の打ち込み本数によって強度があり、他では得られない耐久性を可能にして います。
d0221774_13302780.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-05-25 13:19 | 11.ソーシャル

陸前高田の福祉作業所

本日、岩手県の陸前高田にいってきました。
そう、あの被災地です。
(お亡くなりになられた方のご冥福と被災された方々へのお見舞いの意を申し上げます。)

今回は自分も所属している授産施設の支援団体セルザチャレンジの一環でいってまいりました。陸前高田にも障害者の方の授産施設があり、そこで作っているものの販売のサポートをするのが目的です。

今回伺った施設は、指定就労継続支援B型事業所「作業所きらり」です。約20名の知的障害の方が所属し、お仕事をしております。例えば、プラスチック加工作業や貝殻加工、梅干し作り等を行なっています。
d0221774_9263188.jpg


こちらに来ている方は、一人暮らしが出来る方は市内の寮で一人暮らしをしているのですが、今回の震災により流されてしまい現在は避難生活をしている方も多いと聞きました。そんな状況ではありますが、みなさん毎日の作業を行いがんばって生活しています。そしてその中で梅干し作りをしているのですが、その販売を今回お手伝いできないかという事でお話を伺い、活動していく予定です。
d0221774_9254497.jpg

製作中の梅干し達。

園長さん曰く、最近梅の木を自分たちでもうえて、この梅の木が大きくなりこの梅の木からとれた梅干しが販売できるくらい長いブランドにしていきたいそうです。自分達の力でその夢を叶えたいです。

これからプロジェクト開始となりますがまたご報告いたします。


ちなみに、こちらの施設は高台の方にあるので被害は受けていませんが、海の方へちょっといくと全く違う光景に恐ろしさを感じました。津波による被害は境界線がわかれていて、ちょっとの高低差や位置関係で被害が全く違うのが現場をいた印象です。まだまだ復旧には時間がかかると思いますが、少しでも自分の手伝いができればと思います。

d0221774_9331363.jpg

[PR]
by CASOKDOblog | 2011-05-13 23:00 | 11.ソーシャル

フェアトレードのアーユルヴェーダ石けんブランド She with Shaplaneer 発売!

自分も現地まで実際いってきて、生産する女性達といろいろ話し合いながら作った、アーユルヴェーダ石けんがいよいよ発売になりました!

バングラデシュとネパールにそれぞれ一週間ほど出向き、現地の文化を感じながら一から作り上げたこの石けん。一緒にいったメンバーを始め皆さんの想いが詰まった非常にいい石けんになったと思います。
商品化するために、様々な人の協力とシャプラニールの方々の熱い思い、そして現地の女性達の熱意が無ければ出来なかったプロジェクトです。

5月9日(月)からはじまる伊勢丹新宿店2階ビューティアポセカリー「グローバルグリーンキャンペーン」で、数量限定での先行販売を行いますので是非おこしください!

http://www.shaplaneer.org/she/index.html
d0221774_20355520.jpg


SHE WITH SHAPLANEERの特徴です
d0221774_20363087.jpg

1.現地に数千年前より伝わるアーユルヴェーダのレシピに基づき、南アジアのハーブ・植物をふんだんに用いたハンドメイドのアーユルヴェーダソープです。

2.地域の野生もしくはオーガニック栽培の植物原料、およびフェアトレード原料を使用、厳選された素材から植物の力を最大限に引き出しています。

3.アーユルヴェーダハーブとハチミツの相乗効果でやさしくしっとりとお肌を整え、エッセンシャルオイルのアロマがスキンケアを楽しくします。

4.100%天然素材。石油由来原料、合成香料、合成着色料、合成保存料は無添加。肌への負担が少なく、お悩みを抱える方にも安心してお使いいただけます。

5.日本人女性も納得する美容効果・使用感・安全性の高いひとつ上の製品を目指しています。

6.パッケージも全てフェアトレード製品、紙漉きから組み立て、シルク印刷までひとつひとつ丁寧にハンドメイドされています。

7.生産者の顔の見える透明性の高いリアル・フェアトレード製品で、毎日のご使用が社会貢献につながります。
d0221774_20371359.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-05-09 09:00 | 10.オーガニック商品

「コットンヌーボー2011年」解禁日決定  池内タオル株式会社

「コットンヌーボー2011年」解禁日決定

今年よりスタートするコットンヌーボーの今年度解禁日は「2011 年4月21日(木)解禁」となります。
「ワインのように今年のタオルを味わう」をコンセプトにしたコットンヌーボーを是非お楽しみ下さい
d0221774_21423279.jpg

4月21日より下記で紹介される店舗様にて発売予定

http://www.ikeuchitowel.com/community/cn_store.html

コットンに包まれているかのようなデザインのオリジナルBOX。
BOXの底面は、2011年のカレンダーになっているので思い出と一緒に使用できます。
3商品セット販売用のオリジナルボックスです。
d0221774_21413885.jpg

http://www.ikeuchitowel.com/community/



<伊勢丹、三越限定商品も先行発売>
限定商品のハンカチが、全国の伊勢丹並びに三越で4月20日より販売いたします。

取扱店:全国28店舗の三越、伊勢丹(伊勢丹新宿店、三越銀座店除く)
販売期間:4月20日(水)~
取り扱いアイテム:ハンカチ(25×25cm)、ハンカチ(17×17cm)

<ショップ限定オリジナルコットンヌーボーも順次発売予定>
自然派化粧品・生活雑貨のブランドのMARKS&WEB様と
コットンヌーボーのオリジナル商品を展開予定。

商品名:コットンヌーボー タオル
上代:3,780円(税込)
サイズ:W720×H750mm
発売日:5/10日(火)
備考:
※限定1,000枚(直営店全店・通販にて販売)
(詳細についてはMARKS&WEB様にお問い合わせください)

是非ご期待ください。



【コットンヌーボーの特徴】
1、 毎年、決められた指定畑から、収穫されたオーガニックコットンを使用
2、 毎年、ワインを楽しむようにコットンの違いを楽しむコンセプト
3、 認定紡績工場で紡糸した厳しいEU規定で作られた有機栽培
4、 フェアトレードの綿花・綿糸

【コットンヌーボーラインナップ】
原材料:原綿は2010年にタンザニアで栽培され、認定紡績工場で紡糸するという極めて厳しいEU規定で作られた有機栽培綿
商品概要(予定):バスタオル72×145cm(6,300円)
         フェイスタオル 35×80cm(2,625円)
         ウォッシュタオル35×35cm(1,575円) 
限定3,200セット
発売時期(予定):4月発売
原糸:オーガニック認定機関:bio-inspecta
製品:今治タオルデザイン認定:Oeko-Tex class1(乳幼児が口に含んでも可という安全性)
販売店:百貨店、専門店、ショッピングサイト(池内タオル)
d0221774_21433230.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-04-21 21:44 | 9.デザイン商品