インテリア、デザイン、オーガニック、ソーシャルのPR活動を通じ様々なネタを発信 http://www.a-ms2.com/


by Casokdoblog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

日常で行うソーシャルなコト
at 2013-04-18 10:13
ヒカリエに店をだす!?
at 2013-04-04 09:53
復興デザインマルシェ
at 2013-03-16 20:04
自ら発信すること
at 2013-03-07 09:18
VCがやってくる!?
at 2013-02-20 21:50

カテゴリ

全体
1.連絡先、問い合わせ
2-1.プロフィール
2-2.プロフィール ショート
3-1.実績(PRのお仕事)
3-2.実績(セミナー講師、執筆)
4.インテリア、デザインPRの仕事
5.人
6.言葉
7.行動
8.モノ作り
9.デザイン商品
10.オーガニック商品
11.ソーシャル
12.ショップ紹介
13.個人的な事
14.おすすめの場所
15.独り言
16.イベント紹介
17.カソクドの事
18.webショップ
未分類

タグ

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月

検索

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

d-Bodhi
from 井岡奈津子のENJOY! B..

ブログパーツ

http://www.a-ms2.com/

http://www.a-ms2.com/

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

他人の薦めが、ありがたい

メディアを使ったPRや口コミを使った方法もそうですが、やはり第三者に伝えてもらうと信頼度がぐっとあがります。
自分でおもいっきり「これはいい!」と自分が作ったものをいってもなかなか受け入れてくれない事も多いでしょうが、だれか知り合いから進められるとなぜだか信用してしまうんですよね。不思議なもので。

なので、自分達の商品やサービスを知ってもらうためには、だれか他の方が伝えてもらうのが、信頼も高く記憶にも残りやすいのです。

そうやって知人や友人等から薦めてもらう事は本当にありがたいことです。
PRの仕事も、メデャイの方などを通じて紹介していただくことが多いので
ありがたく過ごしています。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-25 21:54 | 4.インテリア、デザインPRの仕事

手作業により生み出されるアートピースの様な本格ジュエリーが日本本格発売!

手作業により生み出されるアートピースの様な本格ジュエリーが日本本格発売!
デンマーク発 磁器ジュエリーブランド
SCHERNING(シェアニング)が夏より展


SCHERNING(シェアニング )は、2004 年にジュエリーデザイナー Mette Scherning ( メテ・シェアニング) 氏により
デンマークに設立されたアクセサリーブランドです。
彼女が手掛ける製品は、イヤリング、ネックレス、ブレスレットなどさまざま、そのデザインは、純粋でシンプルなスタイルを好む彼女のセンスやこだわりが反映されています。そして、アクセサリーのパーツ部分は全て磁器製というのも特徴で、温かみのある磁器の質感と装飾の光沢が対照的で独特な表情をかもし出しています。その形はスカンジナビアのデザイン文化でもあるミニマリズムの影響を受け、北欧ならでわのやさしい色使いと印象的なデザインになっています。
制作にあたっては、1 つ1 つ手作業によって生み出された1 点物となっています。まるでアートピースのようでもあるSCHERNING は、デンマークのみならずヨーロッパを中心として人気を博している今注目のブランドです。
今回、そのSCHERNING がこの夏、全国のインテリアショップを中心に製品を発売いたします。
d0221774_21515648.jpg

SCHERNING(シェアニング )は、シンプルでいて洗練されたデザインでパーツ部分は磁器製、というのがポイント。
力強くそして繊細な磁器が、1 つ1 つ手作業によって装飾されています。

SCHERNING の作品は、1 つ1 つ手作業によって装飾されるという長い工程を経て生み出されています。
デザイナーのMette Scherning ( メテ・シェアニング) が手掛ける作品のモチーフは、純粋でシンプルなデザインのスタイルを好む 彼女のセンスが反映されていてとてもやわらかくな、それでいて印象的なデザインになっています。
今後に関しては、メンズのカフスなど様々なアイテムを展開してく予定です。楽しみにしてください。
d0221774_21523455.jpg

デザイナー紹介
Mette Scherning ( メテ・シェアニング)
1972 年生まれ。1995 年 Kolding ( コルディング) のデザインスクールをテキスタイルデザイ
ナーとして卒業する。1997 年 Dansk Designskole ( デンマークデザインスクール) を工業デザ
イナーとして卒業し、その後グラフィックデザインの仕事に携わる。2004 年 自身の最初のコ
レクションを手掛ける。この年に工房を作り、自身の生産を開始する。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-22 21:52

無農薬・自然農の大和茶を余すことなく配合。 オーガニックを超えた新ジャンルの日本初・日本発ブランド

「天然成分100%」で実現した、化粧水・乳液・美容液のオールインワンセラム
美しい肌づくりへの目的別に機能をプラスできるオイルエッセンス
を展開
d0221774_21435653.jpg

美容とナチュラルライフに関心の高い20代~30代女性をターゲットにしたワイルドクラフトコスメブランド「QUON(クオン)」を9月6日(予定)に発売します。ワイルドクラフトとは、農薬や肥料を一切与えない無農薬・自然農の自然栽培方法です。人の手を加えず自然環境下で育つため、純粋で有効な大地の恵みをたっぷり含んでおり、ワイルドクラフトと認定されることはオーガニックと認定されることよりも意義があると言われています。この度発売されるQUON(クオン)は、株式会社クレコスが20年におよぶ国産オーガニック開発の経験と実績をもとに、海外輸入に頼った自然原料ではなく、「原料の国産比率」を極限まで高めた、日本初のワイルドクラフトコスメブランドです。

シリーズの第一弾として発売されるのは、化粧水・乳液・美容液がひとつになったオールインワンセラム「ビューティーアクチュアライザー(50mL)」です。国産の自然原料を中心にした「天然原料100%」を使用し、「効果が高く」「安心・安全で」「使用感のよい」本格的なオーガニックコスメで毎日手軽に使いたいというニーズに応えた製品となっています。

● オーガニックを超える無農薬・自然農で育った「ワイルドクラフトコスメ」という新ジャンルを国産で展開。
● 植物本来の力を持つワイルドクラフト原料の「大和茶」をはじめとした国産の自然原料を、日本人の美しいお肌づくりに最適なブレンドで処方。
● 20年にわたるオーガニック化粧品開発技術から、製品は「天然原料100%」「化学成分完全フリー」を実現。また、信頼できる原料の証しとして、「国産原料」「ワイルドクラフト原料」 「オーガニック原料」を全成分に表示。
● ナチュラルとサイエンスの融合を図り、サブクリティカルウォーター(亜臨界水)抽出法などの最新テクノロジーを駆使して、天然の植物のパワーを最大限に製品に反映。
● 石油由来・動物由来原料、合成香料・着色料・保存料、環境ホルモンの疑いのある成分は一切不使用。動物実験は行いません。
● メイン製品のセラムはオールインワンによる手軽さと、日常使いできるリーズナブルな価格の手頃さで女性の毎日を応援。

d0221774_2144183.jpg

化粧水・乳液・美容液のオールインワンセラムを「天然原料100%」で実現。
ワイルドクラフトの植物の力が肌が持つ内なる美の力をトータルに引き出す「ビューティーアクチュアライザー」

「QUON ビューティーアクチュアライザー」は、化粧水・乳液・美容液がひとつになったオールインワンセラムです。
無農薬・自然農で栽培されたワイルドクラフトの大和茶の茶花・茶実・茶葉の恵みをあますことなく配合しています。

●茶花水やブドウ葉水が「化粧水」としてのみずみずしい潤い感を与えます。
●茶実オイルやアロエベラのジェルが「乳液」としてのなめらかに浸透する保湿力を与えます。
●茶葉エキスやダイズエキスなどの天然植物エキスが「美容液」としての透明感や内側からふくらむ肌感を与えます。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-20 21:33 | 10.オーガニック商品

陸前高田の福祉施設の手作り梅干し 「陸前高田 冰上 福幸梅 2011」

幸福を届ける事により復興する
被災を逃れた陸前高田の福祉施設の手作り梅干し
「陸前高田 冰上 福幸梅 2011」が発売されます


 平安時代からの霊峰冰上神社で祈祷を受けた幸福の無添加梅干し、そして陸前高田市の
復興の思いも込めて。今年も、そして来年も、そして何十年もこの地の梅干しが愛され、
この地に仕事が生まれ、希望が生まれていきますように。


チャレンジドパーソン(障がいを持つ人)の手による授産品を売るチャレンジトレードを推進する
団体である 「一般社団法人 セルザチャレンジ」は、岩手県陸前高田にある障がい者就労施設の手
作りの無添加梅干しを、首都圏のフード専門ショップや通販などで販売をこの夏に開始し、被災
地の復興支援と障がい者の働く環境のサポートを開始いたします。

陸前高田 冰上  福幸梅 りくぜんたかた ひかみ ふっこううめ」
平安初期からの霊峰冰上山禄で採れる梅を昔ながらに無添加で漬け、冰上神社の祈祷を受けた幸運の梅干し。
試験や試合、運動会、プレゼンなどのここぞという時に。毎日の食卓に。
被災を逃れた陸前高田市のハンディキャップを持ちながら働く意志のあるメンバーが、山間部の高齢化した農家より梅をもら受けて丁寧に漬け、お返しをした残りを販売しています。合成着色料・保存料・香料無添加。

生産者:社会福祉法人愛育会ひかみの園 指定就労継続支援B型事業所「きらり」
販売者:一般社団法人セルザチャレンジ
100グラム 梅干し10~15個入り 525円(税込)
発売日  2011年7月末日予定

発売日や販売場所など詳細は、フェイスブックの「セルザチャレンジファンページ」をご覧いただけましたら幸いです。
http://www.facebook.com/sellthechallenge
d0221774_2274869.jpg


「障がい者就労支援施設きらり」がつくる梅干し「福幸梅」とは
陸前高田の里の家々には梅の木があって、それぞれの家でその梅の実を漬けてきました。しかし、高
齢化が進み各家庭で漬けることは少なくなったのです。理由の一つとして、梅の実を取るのが実は大
変な作業です。はしごで高いところの梅をもぐのは高齢者には難しく危険な作業だからです。
そこで、そういった放置梅を「障がい者就労支援施設きらり」の職員と障害を持つメンバーが取りに行
き、持ち帰って、施設で丁寧に漬けて、一部を梅干しでお返しする。その残りを、陸前高田の街で
売っていました。
ところが…。ご存知のとおり、今回の震災・津波で街はすべてなくなってしまいました。丹誠込めて
漬けた梅干しの売る場所がなくなってしまったのです。
岩手・陸前高田市あたりは平安の昔から気仙郡といわれた場所。「障がい者就労支援施設きらり」は冰
上山のふもとにあります。冰上山は875mの北上山地の連峰で、平安時代から霊峰として地域住民の
信仰の対象とされてきました。中腹には平泉中尊寺金色堂の金を産出した、金山跡があるパワース
ポットです。そしてその山麓に鎮座するのが冰上神社。
冰上神社には三社が祭られ、律令時代の『延喜式神名帳』にもその名を記されている由緒ある神社で
す。名称は冰上、氷上とも書く場合があり、その由来については「冰上神社由緒」には、以下のように
記述されています。
古記で知る。冰上山は御山と稱へ山名を稱へず。
気仙郡に官を置くに當り始めて気仙山と名づく。
後冰上山と改む。
暁光七彩の雲間より旭日昇天を拝しての尊稱か、
郷民の太陽信仰の名稱か。
又往古より山頂野火多く三社附近で自然に消滅す。
火伏の神徳を垂れ給ふものとして
日神 火の神 音相通ずるものとして冰上と呼稱せらる
今回の梅干しは、その冰上山禄で育てられ、心をこめて丁寧に無添加で作られ、さらに冰上神社
の神主さんがお祓いをしてくれる幸運の梅干しです。
d0221774_2291523.jpg


「福幸梅」のストーリー
梅干しづくりを指導する、施設職員の菅野さん(女性50代)によれば、「ウメッコ」は各家から無償で頂き、無農薬の紫蘇を施設で育てています。昔ながらの丁寧な、無添加の梅干しづくりにこだわった、おばあちゃんの味です。岩手医科大学の入院患者のために提供もしていました。
この施設に30年勤務する施設所長の伊藤勇一さんによると、この愛育会という社会福祉法人のルーツは、昔は気仙エリアの障がい者は、内陸の養護学校に汽車で通っていましたが、昭和52年に当時の障がい児の親の働きかけにより、市長・町長がこのエリアに入所施設を作ったのが知的障がい者の入所施設「ひかみの園」に始まります。陸前高田市は、ワカメの養殖は国内トップクラスで、ホタテ・カキの養殖や漁業、農業、観光業がメインの地域です。
しかし昔は3万5千人いた人口は2万5千人に過疎化。若者が減り、企業や仕事は少なく、仕事は医療・福祉・官庁に絞られるのが現状です。仕事のない地域で、福祉作業所の仕事づくりも課題になっています。通常は、カキの養殖の部材づくり、医療機器メーカーの人工透析用製品の分解廃棄、流されてしまった地元の八木沢醤油の大豆の栽培、梅干しの生産、シイタケの生産などを行ってきましたが、なかなか大きな収入にはなりえていません。
今回は、地元で売れなくなったこともあり、東京などの都市商圏での販売を考えております。
この地域にしかないような個性を活かした製品づくりを考え、そこで着目したのが冰上山と冰上神社です。
また梅は難逃れということを聞いており、ラッキーなものというイメージで「福幸」というネーミングを考え、冰上山禄でとれた梅を丁寧につけ、冰上神社で祈祷をいただいたラッキーな梅干し、「陸前高田 冰上 福幸梅」という製品が出来上がりました。
d0221774_2295845.jpg

d0221774_22102557.jpg

「作業所きらり」とは
社会福祉法人愛育会は、昭和52年に気仙エリアの障がい児の親たちの働きかけにより市長・町長
により開設されました。翌年知的障がい者の入所施設「ひかみの園」が竣工。
「きらり」は平成19年に開所した指定就労継続支援B型事業所。知的にハンディキャップを持つ
26名が、所長伊藤勇一さんをはじめとした職員8名とともに、カキの養殖の部材づくり、農作
業、受託軽作業、地元の八木沢醤油の大豆の栽培、シイタケの生産、無添加梅干しの生産などを
行ってきました。
施設は18歳から60代までの幅広い年代の利用者がいます。
就労継続支援B型事業所
作業所 きらり
所長 伊藤勇一
〒029-2205
岩手県陸前高田市高田町字大隅1-1
d0221774_22104040.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-07-18 22:03

白いGLO-BALL

d0221774_2212271.jpg

先日スタンド部分も白いグローボールを入手しました。
通常は、スタンド部分はシルバーなんですが何故か白いのです。

というのは、このモデル、デザイナーのジャスパーが最初に提案したモデルだそうです。
真っ白の思いがつまったモデルなんですね。
ただ、現在流通しているのはシルバーのモデルでやはりそちらが全世界で販売しているので、白は幻のモデルなのかもしれないです。

ただ、個人的にはこちらの白いモデルは優しい感じがして好きです。
ダイニングにいい明かりを灯してくれます。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-15 21:42 | 9.デザイン商品

策と情報とニュース

自分たちの商品やサービスを知ってもらうのが、売りあげを上げるための第一歩でもありますがそれがなかなか難しい。
というのは、知ってもらうためには興味がないと記憶に残らない、興味が無いと知ろうともしない、記憶に残らないという事は結局知らない事になる。
なので、知ってもらうためには、興味を持って記憶に残らせないといけないのです。

なので、単純にいろんな方に告知するのもいいですが興味がありそうなところへ情報を投下する。
これがうまくいくと記憶にのこり知ってもらった事になります。

この興味というのがやっかいです、なぜなら事前に分かり得ないので。
なので、PRするときは興味を持ってもらうために、色々策を練ります。
この策も、その商品やサービスにあった企画を考えるのです。

TV、雑誌、新聞などの情報欄をみるとこの辺がうまく備わっている事が多いので、
ニュースとして報道されるのでしょうね。
なので、ニュースや情報をそういう側面でみるとアイデアが出てくる思います.
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-13 21:07 | 4.インテリア、デザインPRの仕事

鎌倉のショップ

本日、久々に鎌倉に行ってきました。
とあるお店に用事があり伺ったのですが、鎌倉いいですね。
一気に引っ越したくなりました。

自然も残りながらいいお店も沢山あり、文化も歴史ものこっていて。
して、古い民家物件もわりとあったりと引っ越しフラグが結構たっています。
なにより海が近いのがいいですね。
あこがれです!

今日行ったお店は
http://www.inuit.jp/
素敵な木工家具を中心に展開しているショップです。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-11 22:55 | 12.ショップ紹介

曲線

先日、山中俊治さんの「デザインの骨格」をよんだのですが、
数学や物理のことをデザインや設計する上で必要な事としてかいてあり、非常に楽しく興味深くさくっと読めました。
(会社名が「カソクド」というように物理好きです)

エネルギーやフラクタルの事、タイヤの溝のことを物理的に説明したりとたまらない表現が一堂によめるので、一気にファンになりしばらく物理的に考える日々が続きそうです。

そのなかで、歯車の内容があり久々に「インボリュート曲線」のことにふれました。
機械設計をやっている人は、インボリュートやサイクロイドのことは知っている方も多いのでしょうね。
山中さんの本でも歯車のときにこの内容が出て来ているので。
(今はcadなどで製図がしやすくなったと思いますが、昔はこの数式を理解しながら図式をしていたので大変だったでしょうね)

自分は数学でこの曲線に出会いましたが、ぜんぜん理解できずこういう曲線が数式で表現できるのね!?だったらなんでも数式でいけそうだなー。程度の出会いでしたが、特徴的な曲線なのでなんとなく記憶に残っていました。

wikiで曲線をしらべるとまだまだ未知の曲線があり、熱がでそうです。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-08 09:28 | 15.独り言

価格をデザイン

いくつかのモノ作りのプロジェクトに関わっておりますが、商品を作るにあたり価格はすごく大事な要素ということを最近実感します。

株式会社日本航空の会長の稲盛和夫の名言で、

値決めは経営である。経営者が積極的であれば、
積極的な価格になるし、慎重であれば、
保守的な価格になる。値決めの目標は、
お客様が喜んで買って下さる最高の価格を見出すことだ。
値決め、それは経営者の能力と、経営哲学の反映だ。

というほど、値決めをする事は経営の重大要素の一つなのでしょう。
価格により、そのブランドの方向性も決まるかもしれないですし、
もちろん売れ行きも決まります。
慎重に大胆にスピーディーにという、相反する条件をクリアして決めなくてはいけないので
やはり経営と同じくらい大事な事なのでしょうね。

価格をデザインする

これからのデザイン能力の一つかもしれないです。
[PR]
by casokdoblog | 2011-07-06 08:51 | 8.モノ作り

大地を抜き取ったプランター

「自然を感じる」
この度、ぺロカリエンテは新潟県の株式会社スノーピーク社と
ダブルネームプロジェクトを立ち上げることとなりました。
スノーピーク社はその50年に及ぶ長きにおいて、メーカーとして釣り道具、
登山用具から、キャンプのテントやアウトドアグッズなど自然との対話の中で
作り続けております。
商品の永久保証をしている事、Snow Peak Wayというキャンプイベントを開催し
山井社長自らがユーザーの方と触れ合い、常に使い手の視線でものづくりに
取り組まれている姿勢は多くの尊敬を集めております。
今回はご縁を頂き、両社でダブルネームアイテムを発売することとなりました。
そんなSnow PeakとPerrocalienteのコラボレーションのコンセプトは
「自然を感じる」
日頃当たり前のこととしてとらえがちな自然からの恵みや人知の及ばない
造形の美しさを抽出し、インテリアアイテムとして展開をしていきます。
d0221774_929688.jpg

EARTH(アース)は、大自然の地層をそのまま抜き取ったプランターです。通常、鉢の中に隠れてしまっている土の表情を味わっていただくことができます。特殊左官職人の熟練で はがれやすい土を均等に塗り込み、パキッとした感じを実現しました。種は バジル、ミニキャロット、ワイルドストロベリーの3種類の中からお選びください。お好きな植物を飾って、植物と大地のありのままの姿をお楽しみください。
d0221774_931771.jpg



価格    :¥2,940(税込)
Brand   :perrocaliente
デザイナー :今泉 泰昌
素材   :陶器・土・砂・バーミュライト・エチレン酢酸ビニル樹脂・セメント
種   :バジル、ミニキャロット、ワイルドストロベリー
サイズ :φ95mm×H90mm
重さ   :約275g(本体のみ)
Made in Japan
http://www.perrocali.com/#Earth

d0221774_9313535.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-07-04 09:27 | 9.デザイン商品