インテリア、デザイン、オーガニック、ソーシャルのPR活動を通じ様々なネタを発信 http://www.a-ms2.com/


by Casokdoblog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

日常で行うソーシャルなコト
at 2013-04-18 10:13
ヒカリエに店をだす!?
at 2013-04-04 09:53
復興デザインマルシェ
at 2013-03-16 20:04
自ら発信すること
at 2013-03-07 09:18
VCがやってくる!?
at 2013-02-20 21:50

カテゴリ

全体
1.連絡先、問い合わせ
2-1.プロフィール
2-2.プロフィール ショート
3-1.実績(PRのお仕事)
3-2.実績(セミナー講師、執筆)
4.インテリア、デザインPRの仕事
5.人
6.言葉
7.行動
8.モノ作り
9.デザイン商品
10.オーガニック商品
11.ソーシャル
12.ショップ紹介
13.個人的な事
14.おすすめの場所
15.独り言
16.イベント紹介
17.カソクドの事
18.webショップ
未分類

タグ

以前の記事

2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月

検索

お気に入りブログ

最新のトラックバック

d-Bodhi
from 井岡奈津子のENJOY! B..

ブログパーツ

http://www.a-ms2.com/

http://www.a-ms2.com/

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

考える時間

最近、時間に追われて過ごしている。
時間をコントロールできていないから。
そうなると、何も考えていなく毎日が過ぎていってしまっている。

やはり考える時間を作るように仕事をしていかないと、いい仕事もできなくなる。
無理矢理にでも一人で考えられる時間を作る。
それを仕組みの中につくれれば更によし。

来月の目標はその辺かな。
[PR]
by casokdoblog | 2011-05-30 21:02 | 15.独り言

BRIONVEGA名作ラジオの復刻モデルが日本初上陸

BRIONVEGA名作ラジオの復刻モデルが日本初上陸 iPod/iPhone用スピーカーとして また、wifi対応インターネットラジオとして 最新スペックを搭載して7月より発売を開始

イタリアのデザイン家電ブランドであるBRIONVEGAの日本における販売契約を結び、復刻モデルの日本初上陸商品「Radiocubo.it TS525」の販売を2011年7月より開始いたします。 「Radiocubo.it TS525」は、1964年に発売をしたポータブルラジオ「TS 502」を現在のライフ スタイルにあわせ、iPod/iPhone用のスピーカー機能を付け加え、またラジオとしてはwifiを兼ね備 えたインターネットラジオを搭載した最新モデルとして復刻いたしました。 ブリオンヴェガのデザインは引き継ぎ、現在のライフスタイルに合わせた機能を搭載したこちら の商品は、ラジオだけの単機能ではなく様々な端末とつなげる事により自分の好きな音楽をかけ られるミュージックスピーカーとして楽しめます。時代を超越したデザインとともにお好みの ミュージックライフを楽しめるこちらの商品は、インテリアショップ、セレクトショップを中心に 販売を開始いたします。
d0221774_13353986.jpg


『 Radiocubo.it TS525』の特徴 ・iPod/iPhoneを接続しスピーカーとして音楽再生が楽しめます
・FMラジオ、インターネットラジオが楽しめます (LAN、Wi-Fi接続対応。WPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応していて無線LANの設定も簡単です)
・パソコンやNASに保存した音楽ファイルを、LANを経由し再生することができます。
・USBデバイスのAAC, MP3, WMAといった音楽ファイルを再生可能です。
・デザインに合わせたオリジナルデザインのリモコンも装備しています。
・コンパクトボディで持ち運び用の取っ手がついているので使う場所を選びません。
・電源を使わず単2乾電池(6本)でも使用可能。(防水機能はついておりません)
d0221774_13363312.jpg



『 Radiocubo.it TS525』基本情報

商品名:BRIONVEGA / Radio Cubo.it
販売価格:66,600円(税込69,930円)
色:スノーホワイト[TS525BN J]、サンオレンジ[TS525AS J]
サイズ(約):本体  幅23cm×奥行12.5cm×高さ12.5cm  ACアダプタコード長 2m、(化粧箱) 幅28cm×奥行26cm×高さ14.5cm
重量(約):2.7(kg) 
素材:ABS, アルミニウム合金メッキ
電源:AC100~240V, DC12V2.5A 、消費電力30W、単二乾電池6本(別売)
機能:AUX入力, iPod/iPhone入力, インターネットラジオ, FMラジオ,
 アラーム, スリープ, スヌーズ, FM RDS, クロック, オートチューニング,
 プリセット(最大8局), MP3/ID3タグサポート, USBデバイス
付属:リモコン, ドッキングステーション, ACアダプタ, ユーザーマニュアル、保証書
製造地:中国
d0221774_13405444.jpg

d0221774_13414597.jpg



About BRIONVEGA
d0221774_13432141.jpg

‘BRIONVEGA’(ブリオンベガ)社は、1945年に設立されたイタリアの”brown goods”メーカーです。デザイン性に優れた家電製品を数多く手がけ、マルコ・ザヌーゾ(Marco Zanuso)、リチャード・サパー(Richard Sapper)、マリオ・ベリーニ(Mario Bellini)といったイタリアを代表するデザイナーを起用した名作を世に送り出しています。
名作のひとつであるドネイはコンパッソドーロ賞を受賞、The Museum of Modern Art(MoMA)にもコレクションされています。1992年、歴史に一旦幕を閉じますが、独特の雰囲気を持つこのデザインのファンの方々の声に押され、イタリアのSIM2 Multimedia S.p.A.社がBV S.r.l.社を設立し、新生BRIONVEGAとして再出発しています。
名作のデザインと精神はそのままに、最新技術トレンドを取り込み一層洗練された”brown goods”を提供しています。

Marco Zanuso(マルコ・ザヌーゾ)
1916年イタリア、ミラノ生まれ。2001年没。ミラノ工科大学卒業後、建築家としてドゥオモ広場のリノベーションに関わり活動する傍ら「Domus」誌の編集長を勤める。タイヤメーカーのピレリ社とファニチャーの製品化を手掛け、1951年タイヤ用合成ゴムを用いた革新的な椅子「Lady」(ミラノ・トリエンナーレで金賞受賞)を発表。
1956年ヴィコ・マジストレッティらと共にADI(イタリア工業デザイン協会)を設立し1966年から1974年までADI会長に従事。
1959年からはリチャード・サッパーと共同でデザインを手掛け、BRIONVEGAの家電製品を筆頭に、カルテル(Kartell)社の子供用プラスチックチェアなど次々に名作を生み出す。1969年から91年までミラノ工科大学建築学部教授として教壇にたつ。また1956年と1962年の2度コンパッソ・ドーロを受賞しています。
d0221774_13505899.jpg

Richard Sapper(リチャード・サッパー)
1932年ドイツ、 ミュンヘン生まれ、。ドイツのインダストリアルデザイナー。1959年にイタリアで権威あるデザイン賞の一つコンパッソ・ドーロを受賞。同年より、BRIONVEGAにて、イタリアの著名デザイナーであるマルコ・ザヌーゾとともにラジオやテレビなどをデザイン。約10年にわたりマルコ・ザヌーゾとのコラボレーションで様々なプロダクト手がける。
1965年には、シーメンスとイタルテルのため電話機Grilloを手がけ、Grilloは現在、ニューヨーク近代美術館(MOMA)に展示されています。
アルテミデから発売された照明Tizio、アレッシィから発売された笛吹きケトル、LAMYから発売されたチタン製のボールペン dialog 1などもザッパーの手によるものです。1981年からはIBMのデザイン分野の顧問を務め、中でもThinkPadはラップトップの傑作です。
d0221774_1350227.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-05-27 20:33 | 9.デザイン商品

障害者アートをモチーフに倉敷帆布を使用したオリジナルバッグ

ソシアル・オーガニックブランドの「インフィニストリア」より ”障害者アート”をモチーフに”倉敷帆布”を使用したオリジナルバッグを 発売。縫製はハンディーキャップのある方にお手伝い頂いた商品です。

バッグのイラストには数ある”障害者アート”の 中から2名の作品を選び、素材には日本の伝統的な匠の技によって生まれる倉敷帆布を用いました。また、ハンディーキャップのある方が活躍している工場で縫製を行い、細部に至るまで心のこもったバッグが出来上 がりました。 インフィニストリアオリジナルバッグは、セルザチャレンジを通し、ハンディーキャップのある方の手による 製品を事業活動に採用する「チャレンジトレード」を推進する他、製品の売上の一部をセルザチャレンジの 活動資金として寄付する事により、事業を通した社会的活動の実現を行い続けます。

<採用作家紹介>

作品名:しろくま
作者:祐谷敦志
・ 1990年生まれ。兵庫県在住。 ・ 2003年、第2回キラキラっとアートコンクールで優秀賞を受賞後、アートビリティ審 査会を経て登録作家となる。小学生当時から現在に至るまで、「アトリエ が・らんふ」 で川原里依子氏の指導のもと、のびのびと自分の表現を楽しみながら絵を描き続けている ユーモアあふれる作品は、カレンダーなどさまざまなメディアに採用され、好評を得てい る。)
d0221774_13213117.jpg


作品名:ブルースマン 作者:平山こうた
・ 1954年、熊本県生まれ。東京都在住。 ・ 1984年、セツモード学園卒業。以後イラストレーターとして、東京ジャーナル、ル・クー ル、Mrハイファッション、など様々な雑誌やメディアで活躍。1995年、42歳のときに脊髄損 傷となる。入院中もリハビリをかねて絵を描き続け、自分の描きやすい画材、用紙を模索す る。ダンボールに顔彩で描くという独特のスタイルは、このときに発見し、確立させた。 ・ 1981年、福岡イラストレーション大賞展入賞。 ・ 1998年、カナダビエンナーレ美術展入賞。 ・ 2000年、東京都障害者美術展入賞。 ・ 1999年、第11回アートビリティ・アサヒビール奨励賞受賞。 ・ 2006年、第18回アートビリティ大賞受賞。
d0221774_13214595.jpg


d0221774_13224586.jpg

d0221774_1323883.jpg

サイズは、2種類。
W41xH24xD14cm ¥4,500(¥4,725税込)
W49xH31xD16.5cm ¥5,900(¥6,195税込)
カラーも「ベージュ」と「カーキ」に2色あります。

d0221774_13245988.jpg
帆布とは撚り合わせた綿糸を規定の重さ以上で平織りに織った生地で、 英語ではCANVASと呼ばれ、油絵のキャンバス生地はその代表格です。 日本では室町時代に綿花が外国から持ち込まれて以来、最初に織田信長の船の帆に 使用されたのが帆布の発祥と言われています。化学繊維とは違い天然素材だけで作 られている為、使い続けるほどに味わいがうまれ、耐久性・通気性にも優れていま す。
倉敷帆布の特徴は世界的にも希少となった60台のシャトル織機によって今でも 日々織り上げられている事です。シャトル織機はビンテージデニムを織ることが出 来ることでも最近知られ、高速化された今の織機では得られない独特な暖かみあ る自然な風合いを織り上げます。又、倉敷帆布は伝統的は撚糸の方法と独自の縦糸 と横糸の打ち込み本数によって強度があり、他では得られない耐久性を可能にして います。
d0221774_13302780.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-05-25 13:19 | 11.ソーシャル

プレスリリースはラブレター?!

広報活動するにあたりまず皆さん作るのがプレスリリース。自分たちの新商品や新サービスを伝えるための書類ですが、これがないと始まらない。
もちろん、一人一人、記者の方やライターの方達に説明をできればいいのですが、そんな時間もないですし、物理的に無理です。なので、プレスリリースを作成し、一斉に配信をします。
なので、プレスリリースは、メディアの方々との最初の接点になるモノです。

みなさん色々工夫をしてプレスリリースを書いています。セミナーなどにいくとポイントや工夫の仕方を色々教えてくれますし、webで探せばいろんな会社のプレスリリースを見る事ができるので参考になるものは結構身近に入手できます。でも、こうかけば絶対効果が出るリリースなんてモノは存在する訳はないので、試行錯誤しながら作っていくのが一番の近道なようなも気もします。
ブランドや商品、サービスによって表現違いますし、狙う媒体によっても変わってきますし。

ただ、思うのは、プレスリリースはメディアの人たちへ自分たちの気持ちを伝える重要な書類なので、ラブレターを書く気持ちで作るといいものが出来ます。
長く書いても読むのが大変かな〜とか、でも簡単に伝えないといけないよね、とか、写真やイラストがあった方が分かりやすいかも!なんて事をドキドキしながら書いてみてください。きっといいものが出来上がるはずです。


そんな事を言っている自分は、ラブレター自体はそんな書いた事はないですが。
[PR]
by casokdoblog | 2011-05-23 21:06 | 4.インテリア、デザインPRの仕事

おもいっきり自然を楽しむ

お仕事の関係で、愛媛県の今治に行ってきました。
いままで四国という場所にあまり縁がなかったのですが、ここ最近、仕事を通じて四国の人と土地に触れる機会が多々ありました。
d0221774_22342930.jpg

今回はそんななかで、四国の自然に触れて来たのです!
一言、「自然の奇麗さがつまってました!」
いったところは限られるのですが、今治には、静かで落ち着いた透明度の高い海と、緑の木々が生い茂る動物達のすみかとして最適な山々があり、まさに自然を楽しめるフィールドが盛りだくさん。自分は海が好きで週末は海で遊ぶ事が多いのですが、森の中で鳥のさえずりを聞きながら森林浴もなかなか気持ちよく、まさに自然をおもいっきり楽しんできました!
d0221774_22351051.jpg

今回、なんでそんな楽しめたかというと、アテンドしてくれた方々が良かったからでもあります。
自然の中を、色々な遊びや知識を通じて楽しむ事をいっしょにしてくれた、自然案内人(インタープリター)の菊間さんと今治の絶景が楽しめる湯ノ浦ハイツの宮田さん、曽我さんが丁寧に対応していただいたからこそです!
本当にありがとうございました!

四国って東京からだとなかなかいく機会ないかもいれないですが、瀬戸内海は最高です〜!
夏にまたいきたいです。
d0221774_22332192.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-05-20 20:38 | 14.おすすめの場所

月について

東京に住んでいると、夜、空を見上げる機会などなかなか無い。
星はみえないし、そんな余裕も無いかもしれない。ただ、低い新月のときなど月がすごく目立つので見る方も多いと思いはずです。

自分は海に関する遊びをするので、月の動きは多少気になり見たりますがそれもたまーに見るくらいであまり気にせず過ごしています。

でもちょっと前の日本や他の国でも、太陰暦で生活していたし、自然と暮らすという事は、月の動きとともに生活していた民族も多かったはず。魚を捕るときはもちろん、植物やモノを作るときにも月の動きにあわせ行う人たちも多くいたし、まだいる。

日本では月の動きに会わせた様々な文化や風習も残っていますが、昔は月を見ながら夜を過ごす人も多かったのかなーと思いながらお月様をみてみました。
[PR]
by casokdoblog | 2011-05-18 21:08 | 15.独り言

いいタイミングで連絡

いいタイミングで連絡をもらう方っていませんか?
自分は知り合いの中で何人かそういう方がおります。
こっちから「あー連絡しようかなー」と思っていると数日のうちに連絡がきたり、しばらく会ってないなーと思うと連絡がきたり。テレパシーじゃないですがそういうときってありますよね。

でもふと考えると、連絡をしてくれた方って、そう思った際にきちんと行動をして(自分は思っているだけ)しかも、keep in touchの関係をうまく作り上げるためにも行動をしているすごい方達だという事を感じました。

そういう方は、関係構築のために自ら動き、絶妙なタイミングを肌感覚でもっていていろんな方に実践しているので、いろんな出会いもあるのでしょう。

顔が浮かんだときは連絡する合図?

こうやってテレパシーがつながっていくんですね。
[PR]
by CASOKDOblog | 2011-05-16 21:14 | 7.行動

陸前高田の福祉作業所

本日、岩手県の陸前高田にいってきました。
そう、あの被災地です。
(お亡くなりになられた方のご冥福と被災された方々へのお見舞いの意を申し上げます。)

今回は自分も所属している授産施設の支援団体セルザチャレンジの一環でいってまいりました。陸前高田にも障害者の方の授産施設があり、そこで作っているものの販売のサポートをするのが目的です。

今回伺った施設は、指定就労継続支援B型事業所「作業所きらり」です。約20名の知的障害の方が所属し、お仕事をしております。例えば、プラスチック加工作業や貝殻加工、梅干し作り等を行なっています。
d0221774_9263188.jpg


こちらに来ている方は、一人暮らしが出来る方は市内の寮で一人暮らしをしているのですが、今回の震災により流されてしまい現在は避難生活をしている方も多いと聞きました。そんな状況ではありますが、みなさん毎日の作業を行いがんばって生活しています。そしてその中で梅干し作りをしているのですが、その販売を今回お手伝いできないかという事でお話を伺い、活動していく予定です。
d0221774_9254497.jpg

製作中の梅干し達。

園長さん曰く、最近梅の木を自分たちでもうえて、この梅の木が大きくなりこの梅の木からとれた梅干しが販売できるくらい長いブランドにしていきたいそうです。自分達の力でその夢を叶えたいです。

これからプロジェクト開始となりますがまたご報告いたします。


ちなみに、こちらの施設は高台の方にあるので被害は受けていませんが、海の方へちょっといくと全く違う光景に恐ろしさを感じました。津波による被害は境界線がわかれていて、ちょっとの高低差や位置関係で被害が全く違うのが現場をいた印象です。まだまだ復旧には時間がかかると思いますが、少しでも自分の手伝いができればと思います。

d0221774_9331363.jpg

[PR]
by CASOKDOblog | 2011-05-13 23:00 | 11.ソーシャル

自分メディア

個人で情報を発信する事が簡単になった現在、PRをするにあたってやりやすくなった反面、誰でも出来る事も増えました。

Twitter、Face bookをはじめとした各種ソーシャルメディアから、You TubeやU stream等の動画を配信できるものもまで、自分でコントロール可能なメディアが数多くあります。そのコントロール可能なメディアを使って、上手く告知するのも広報のやり方の一つになっていてコストもかけずに上手にやっている方も増えていると感じてます。

マスメディアに紹介されるだけでなく、自分メディアを使って自分の情報にあう人達へ効率的にとどけるのもこれからの時代の必須に事になるでしょうし、自分メディアをコントロールできる企業やブランドがPRのスタンダードになりますね。
[PR]
by CASOKDOblog | 2011-05-11 08:33 | 4.インテリア、デザインPRの仕事

フェアトレードのアーユルヴェーダ石けんブランド She with Shaplaneer 発売!

自分も現地まで実際いってきて、生産する女性達といろいろ話し合いながら作った、アーユルヴェーダ石けんがいよいよ発売になりました!

バングラデシュとネパールにそれぞれ一週間ほど出向き、現地の文化を感じながら一から作り上げたこの石けん。一緒にいったメンバーを始め皆さんの想いが詰まった非常にいい石けんになったと思います。
商品化するために、様々な人の協力とシャプラニールの方々の熱い思い、そして現地の女性達の熱意が無ければ出来なかったプロジェクトです。

5月9日(月)からはじまる伊勢丹新宿店2階ビューティアポセカリー「グローバルグリーンキャンペーン」で、数量限定での先行販売を行いますので是非おこしください!

http://www.shaplaneer.org/she/index.html
d0221774_20355520.jpg


SHE WITH SHAPLANEERの特徴です
d0221774_20363087.jpg

1.現地に数千年前より伝わるアーユルヴェーダのレシピに基づき、南アジアのハーブ・植物をふんだんに用いたハンドメイドのアーユルヴェーダソープです。

2.地域の野生もしくはオーガニック栽培の植物原料、およびフェアトレード原料を使用、厳選された素材から植物の力を最大限に引き出しています。

3.アーユルヴェーダハーブとハチミツの相乗効果でやさしくしっとりとお肌を整え、エッセンシャルオイルのアロマがスキンケアを楽しくします。

4.100%天然素材。石油由来原料、合成香料、合成着色料、合成保存料は無添加。肌への負担が少なく、お悩みを抱える方にも安心してお使いいただけます。

5.日本人女性も納得する美容効果・使用感・安全性の高いひとつ上の製品を目指しています。

6.パッケージも全てフェアトレード製品、紙漉きから組み立て、シルク印刷までひとつひとつ丁寧にハンドメイドされています。

7.生産者の顔の見える透明性の高いリアル・フェアトレード製品で、毎日のご使用が社会貢献につながります。
d0221774_20371359.jpg

[PR]
by casokdoblog | 2011-05-09 09:00 | 10.オーガニック商品